ロゴ

フェイスラインをすっきりさせるフェイスリフトの魅力

HOME>みんなの声>フェイスリフトはダウンタイムに注目|手法で選ぶ

フェイスリフトはダウンタイムに注目|手法で選ぶ

ドクター

美容整形手術を受けたことは、できるだけ知られたくないと感じる人もいます。フェイスリフトは切開して施術すれば大きな効果が得られますが、切りたくない人のために提供されている方法も注目の的です。

みんなの声

メスを使わない施術方法もあるので安心です。

生まれつき頬のたるみがあり、ほうれい線のせいでとても年齢が高く見られるのがコンプレックスでした。勇気を出して美容クリニックのカウンセリングを受けに行き、お医者様に相談しました。20代でフェイスリフトは早いのかとお聞きしたところ、20代でも大きくリフトアップしたい場合は切る方法もあるし、年齢で特に決まりはないということでした。ただ、切るのは抵抗があるし、頬のたるみが少し上がれば良いと言ったところ、メスを使わない施術を提案してもらえました。受けたのは糸を使う方法で、腫れが少なく、たるみの解消効果があります。皮膚の下2mmくらいのところに糸を埋め込むのですが、フェイスラインが引き締まることで小顔効果も得られたのは嬉しかったです。
【20代/女性】

周りの人にバレずに施術を受けられます。

年齢のせいか頬が垂れ下がって来て、このままではブルドックのような顔になりそうだったので、美容クリニックに駆け込みました。仕事をしている関係上、周りの人にバレないように治療出来ないかドクターにお聞きしたら、糸を使ったフェイスリフトなら可能とのことでしたので、受ける決心をしました。念のため連休を利用しましたが、腫れや内出血もなく、普通に買い物にも行けましたし、ラッキーなことに痛みもほぼ感じずに済みました。休みが明けて会社に行きましたが、特に誰にも治療を気づかれることはありませんでした。親しい人に肌が綺麗に見えると言われたので、休み中たっぷり寝たからと答えておきました。確かに肌にハリが出たようにも感じるので、一石二鳥です。
【30代/女性】